離れていても 42


何年前だったか一度辞めた趣味だったけど、いつだったかまた新たな場所で趣味を開始した彼

地図上で彼の家から趣味の場所、彼の家から私の家、私の家から彼の趣味の場所を線で結ぶと二等辺三角形になる感じ

『自分で趣味の場所まで行くから観に行っても良い?』
と、思い切って初めて聞いた時
【来るのは構わないけど遠いし何よりアナタ方向音痴でしょ、最寄り駅まで迎えに行くよ】
と、彼が言ってくれて凄く嬉しかったのを今でも覚えている

それからは公共の乗り物を二時間近くかけて乗り継いで、たまに見学に行くようになった

彼の趣味の時間の最中、私は見学したり車で過ごしたり近所を散歩したりと好きに過ごし、私は私でいつもそんな風に楽しんでいる

終われば一緒に食事をして、また駅まで送って貰い別れる

と、言ってもここ数年バタバタしていたりコロナ禍になって行ってないんだけど

フッと彼と出逢う前を思い出し、私ってドライブだったり、そんな風に待ったりするの好きだったかな?と、考えた

目的地に到着すれば楽しかったように思うのだけれど、ドライブ中は楽しかったと思ったことがあったのかすら思い出せない

相手の趣味に付き合って見学しても楽しかった記憶もなく、どちらかと言えばそれなら私はついて行かない方が良いと思う人間だった

相手次第で、こんなにも変わった自分に驚く

分からないけど、これが《 好き 》ってことなのかな?














にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村





















スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません